>  
  >  
鉄道車両開発

デザインセンター

HIVEC RHINO TECHNOLOGIES

HIVEC DESIGN DEVELOPMENT INDONESIA

バッテリー再生充電装置

会社案内ダウンロード

リクルートサイト

 

株式会社 HIVEC(ハイベック)

本社/本社デザインセンター

広島県東広島市西大沢
2丁目1番21号

鉄道車両開発

企画から製造まで一貫したプロセス

  • HIVECは2005年より鉄道車両開発業務を開始しました。

    デザイン、CAE解析、設計、製造まで、自動車開発手法をベースにした提案を行い、鉄道車両開発における解決策を提供し、競争優位性を確保致します。
  • Railway vehicle

 

 

ビジネス領域
開発ワークフロー

HIVECは鉄道車両開発において、3DCADをベースとしたデザイン、設計、解析、製造まで一貫したプロセスで行うことが可能です。

↑このページのトップへ

鉄道車両設計
  • Railway vehicle
  • 3D設計
  • Railway Module
  • モジュール化
  • Railway CAE
  • CAE解析

今日、鉄道車両業界においても短納期化、標準化の要求、海外サプライヤとの連携が進み、従来の2D図面ベースの開発から、3D開発へのニーズが高まっています。

受託プロジェクトにおいてはISO9001:2008に準拠した設計・開発の変更管理を行い、3Dモデルをベースとした精度の高い2D出図にも対応致します。

また、自動車の試作・少量生産ノウハウを生かしたプレス化、CAE解析、コストダウン提案もお任せ下さい。

↑このページのトップへ

鉄道車両モックアップ
  • Full Size Mock
  • 車両実物大モックアップ
  • Cab Desk
  • 運転台モックアップ(半完成品)
  • Duct
  • 天井風道モックアップ

鉄道車両の開発過程においては、多くの場合、実車両を模擬したモックアップでの検証や承認が必要とされます。

モックアップの製作目的は、デザイン性の確認、視覚的評価、機器操作性、メンテナンス性の確認など、用途は様々です。

HIVECは鉄道車両モックアップの開発において、お客様の使用目的、予算、納期、設置場所に応じた多様な経験を有しています。

モックアップ開発においても3D設計(デジタルモックアップ)を行い、検討段階での変更やアイディアを迅速にビジュアル化、問題点を特定し、スムーズな意思決定を支援します。また、モックアップ製造においては試作、少量生産ネットワークと連携し、最適なモックアップを提案致します。

↑このページのトップへ

鉄道車両デザイン
  • 2D Design
  • 2Dデザイン
  • 3D Extrior
  • エクステリア3Dデザイン
  • 3D Intrior
  • インテリア3Dデザイン

鉄道車両のデザインにおいては調査、コンセプト立案から、2Dデザイン、3Dモデルをベースにしたエクステリア・インテリアデザインまで行います。

デザインにおいては初期のサーフェスモデルによるスタイリング検討・レンダリングから、設計チームと連携した、完全に製造要件を反映した3Dソリッドモデルまで対応致します。

また、コンセプトデザインを頂き、革新性を高いレベルで実現することも可能です。

↑このページのトップへ

鉄道車両調査
  • Innotrans
  • Benchmark
  • cfrp

HIVECは鉄道車両開発において、単純に自動車の設計手法を適用するだけではなく、定期的に鉄道技術展示会へ社員を派遣する等、継続的に鉄道車両の技術動向の調査と蓄積を行っております。

鉄道車両開発、デザインの初期段階に必要な、従来車や競合他社製品のベンチマークも行い、競争優位性を確保致します。

↑このページのトップへ

 

 

鉄道車両開発業務 主要取引先
  • 川崎重工業株式会社
  • 株式会社日立製作所
  • 三菱重工業株式会社
  • 近畿車輌株式会社
  • 日本ケーブル株式会社
  • 株式会社ジェイアール西日本テクノス
  • 日立交通テクノロジー株式会社
このページの先頭へ